単文でテンポ良く連絡するのがコツ

出会い系サイトでも可愛い女の子、綺麗な女の子はかなりいます。
もちろん、画像だけなのでその信憑性はわかりませんが、もし全員本物だったらなんとしてでも落としたくなるのが男の性です。
以前の出会い系はこうした可愛い女の子はサクラが多く連絡を取りたくても、それすら叶わないことが多くありました。
メールアドレスの交換までできずにダラダラと出会い系サイト内でのやり取りが続きポイントがなくなってしまう経験をした人も多いはずです。
しかしながら、最近の出会い系はそうしたことを避ける機能がついてきています。
それが、LINEIDをプロフィールなどに書き込む欄があることです。
もちろんこれを見るにもポイントは必要となってきますが、今まで困っていたファーストコンタクトを取ることが比較的簡単になっているのです。
しかし、こうした子には男は群がってくるので、非常に難易度が高く、その狭き穴に入るにはコツも必要となってきます。
LINEをゲットできてもその後が大事になってきます。
まずはLINEは単文でやりとりができるのが有効活用できるのでその特徴を最大限に活かしましょう。
LINEは即レスで対応することは基本中の基本まず単文でのやり取りですが、これはテンポアップにつながります。
ダラダラと長い文章やポエムっぽい文章を送っていたところで相手には興味を持って貰えませんし、「鉄は熱いうちに打て」という言葉があるように、せっかく女の子から返事が来たのであれば、即レスは基本です。
その最適なツールがLINEなのです。
即レスをして、そこに即レスをしてくれた女の子との距離はだいぶ縮まっています。
熱くなっています。
打ち時です。
しかし、女の子によっては同時進行でLINEをいじっている人もいるはずです。
可愛い子であれば競争率が高いのはその部分でも続いてます。
そのために返信が淡泊な人もいます。
ですが、そこはくみ取ってあげましょう。
「単文ばっかりでつまらない」とかこちらから質問してばかりの時に「質問してよ」なんて小さいことを言ってはいけません。
LINEは単文で返すものですし、そんなこと言われたらうざがられるのがオチです。
逆に、他にもメールが来ているはずなのに自分にだけ早く返してくれていると考えれば良いと思います。
以前出会い系からLINEでやり取りをするようになった可愛い女の子がいました。
その子とご飯にいってホテルでエッチをしました。
もう目的は達成したので「関係が切れてもいいや」と思い「同時に何人の男とメールしてたの?」と聞くと「10人」だそうです。
ただ、一番早くレスポンスをくれたのと、単文だったのにイライラせずスタンプや顔文字を使ってくれたことが好印象だったんだそうです。
レスが単文だとイライラするのもわからなくはないですが、逆転の発想で「LINEはそういうもの」と考えると、ただ単純に便利で美味しいツールにしか見えなくなりますよ。

Comments are closed.